武道の歴史

武道の歴史は古代までさかのぼります。馬上から弓を放つ流鏑馬(やぶさめ)は 7 世紀ごろが起源といわれています。 12世紀末の武士階級の台頭により、武士は 剣術・居合術・柔術・弓術・槍術・馬術・水術などの訓練を行いました。これらは江戸時代(1600 ~ 1868 年)が終わってからもそれぞれが流派として体系化され存続することになります。

1868 年の明治維新直後にそれまでの支配階級である武士階級が消滅しました。そして、これら武道の中には実践者が減るものもありましたが、日清戦争後の1895年、大日本武道会という全国組織が武道を集中管理し、教育制度への導入を監督するようになりました。このことが多くの武道復興につながったのです。

第二次世界大戦後、GHQは、武道禁止令を発布しました。戦前復活したこれら武道が、軍国主義の伸長につながる統制や国粋主義を養成したと考えられたためです。武道の禁止は1950年に廃止され、よりスポーツ色を濃くし、武道の精神性を強調する努力がなされました。

剣道の極意
剣道の極意
剣道昇段審査・対策プログラム
剣道昇段審査・対策プログラム
常歩剣道
常歩剣道
大人剣道・上達プログラム
大人剣道・上達プログラム
剣道上達革命
剣道上達革命

ページトップへ